心・気・体の人生変革バイブル

登録特典:永遠に加筆修正進化し続けるE-Book「裏Sei書」をプレゼント

LINE@登録ボタン

登録特典:永遠に加筆修正進化し続けるE-Book「裏Sei書」をプレゼント

LINE@登録ボタン

愛国心・愛郷心・愛校心とかマジで意味不明です。

Seiki
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Seiki
グータラ求道ブロガー。「強くなること=人生のメタゲームの向上」の探求と伝道がライフワーク。
詳しいプロフィールはこちら

こんちは!Sei書著者・Seikiだよ。

私は石川県出身・京都在住のアラサー男なのだけど、昔から意味不明なことがあります。

愛国心とか、愛郷心とか、愛校心とかいう奴です。

 

単なるハコ・概念になぜ愛着や忠誠心を感じるの??

私は「日本人」で、「石川県民」であり、現在は「京都市民」です。

 

で、日本も、石川県も、京都市も、単なる概念じゃないですか。

私は別に自分が日本人であることに特に誇りを感じないし、外国で日本がバカにされてても別にどうとも思いません。

 

石川県や京都市も同様で、嫌いでもないけど特に愛着もないので、誉められようが貶されようが心底どうでもいい。

オリンピックとかワールドカップとかで日本人が活躍してようと、バカにされようと、本当にどうでもいい。

もっとも、これに関しては私がスポーツに全く興味ない(というか大嫌いな)だけだけどね。

 

また、最終学歴は大卒ですが、大学にしろ、高校にしろ、中学や小学校にしろ、単なるハコじゃないですか。

在学中も、卒業した今も、別に出身校のことをどうとも思いません。

 

特に高校は、いじめられていたこともあって、人生の黒歴史にしたいくらいだから未だに大嫌いなくらいですし。

私の出身高校や出身大学には、それぞれ卒業生に有名人が何人かいますが、

(私に興味のないジャンルだからということもあるけど)正直「で?だから何??」って感じですし。

その人が活躍しようが没落しようが知ったこっちゃねーって感じ。

 

世界と比較した日本人の民度の低さ

東日本大震災でパニックや暴動を起こさない日本人を見て「なんて民度の高い日本人だ!」と海外の人に評されることもありますし、確かに日本人が世界に比べて民度の高い部分が多いのも事実です。

サービスやホスピタリティの品質や、時間通りにくる荷物や電車、治安の良さなどはまさに民度の現れです。

 

が、何でもかんでも「日本は素晴らしい」か?というと当然違うわけで、

・イジメ問題

・自殺率の高さ

・ブラック企業問題

・労働生産性の低さ

・ネット社会なのに、未だにFAX、紙、手書きの履歴書全盛の企業文化

・パチンコが堂々と一大産業を形成している

・「平均」を美徳とする雑魚根性

とかを見ると、「日本って民度低いなぁ〜」って思うし、

「日本は素晴らしい」と評する海外の意見や

「日本人は偉い」と胸張ってる自国民のたわ言を聞くたびに

「いやいや、何もかも素晴らしいわけじゃないやん。。。」

って反発を感じます。

 

日本人から突出した個人が出にくいのは「雑魚根性」を学校時代から植え付けられるから

私が昔から思う日本人の雑魚根性って例えば、

学校時代、帰国子女の生徒や、英語の上手な生徒が、綺麗な発音で英語を読み上げるとするじゃないですか。

「I have a camera」

って。

 

そうするとクラスのお調子者というか、声だけデカいバカ生徒が

「アイ、ヘァブ、ア、キャメラぁ〜(笑)」

って感じで、からかう口調で口真似してバカにしてきたりするでしょ?

 

今でも謎なんですけど、あのよくわからん空気ってなんなんでしょうね?

 

真面目に一生懸命やってるのが恥ずかしくてバカみたいで、だから本当は綺麗に発音できるのにあえて出来ないフリして

「アイ、ハブ、ア、カメラ」

と言ってしまう、あの空気って、突出した個人が出にくい土壌を形成していると思いますね。

 

結果、団体行動や集団生活はできるかもしれないけど、

卓越した能力や抜群の影響力を持つ個人が出てきにくい、

雑魚根性の民族の一丁あがり!ってわけです。

 

「日本人」とか「石川県民」とか「京都市民」とか「男」とか関係ない!自分は自分!!

私は学校とか会社とかの「所属している(いた)ハコ・空間」や、

国や地域などの「コミュニティ・概念」、

男、大卒、年齢、職業などの「属性・肩書き」などはどうでもいいです。

 

それはその人間の付属物に過ぎず、それがその人間の全てを表しているわけでもないでしょう。

 

その付属物を一部だけ切り出して「どうせこういう人間だ」と決め付けたくないし、

決め付けられたくはないですね。

 

例えば私は性別は男だし、恋愛対象は女性だけど、

嗜好や感性はかなり女子寄り(歴代彼女いわく「女の子より女の子っぽい」そうです)なので、

スイーツバイキングでケーキや甘い系のデニッシュ、チョコレートなどを頬張ったり、

おしゃれな空間やアートや装飾を見てウットリしたり、

(一番好きな動物である)ウサギや動物の赤ちゃんを見て「カァワイイ〜〜〜〜!!!!」って悶えたりするけど、

 

それらに関して「男のくせに(笑)」と笑われても、

「男たるもの◯◯であるべき!」とか押し付けられても、

俺は俺だ!文句あっか!!

ってはねつけますからね。

 

自分の好きなものを好きと言って、やりたいことをやりたいようにやって、何が悪いねん?って感じだし。

どこまでも自分らしく生きましょう。

LINE@登録特典:「強くなること」の探求の集大成「裏Sei書」

永遠に加筆・修正・進化し続ける未完の裏バイブルをプレゼントします。

公開しないE-Bookだからこそ書けるネタをバンバン書いて、

登録者には常に最新最強のバージョンをお渡ししますね!

 

その他、

  • ブログの更新情報
  • イベントの先行案内
  • Seikiへの質問会

も優先的に配信しております。

裏Sei書

LINE@登録ボタン

この記事を書いている人 - WRITER -
Seiki
グータラ求道ブロガー。「強くなること=人生のメタゲームの向上」の探求と伝道がライフワーク。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Sei書 , 2017 All Rights Reserved.