心・気・体の人生変革バイブル

登録特典:永遠に加筆修正進化し続けるE-Book「裏Sei書」をプレゼント

LINE@登録ボタン

登録特典:永遠に加筆修正進化し続けるE-Book「裏Sei書」をプレゼント

LINE@登録ボタン

「健全な精神は健全な肉体に宿る」とか嘘!体育会系の自己正当化文句です

Seiki
WRITER
 
健全な精神は健全な肉体に宿る?
この記事を書いている人 - WRITER -
Seiki
グータラ求道ブロガー。「強くなること=人生のメタゲームの向上」の探求と伝道がライフワーク。
詳しいプロフィールはこちら

どうも!スポーツ全般見るのもやるのも死ぬほど嫌いな、アンチスポーツの急先鋒・Seikiですよ。

 

「健全な精神は健全な肉体に宿る」

って言葉ありますよね?

 

でもこれ、嘘だと思うんだよね。

というか、肉体の強さや健全さは別に、

精神の健全さに比例もしないし、

因果関係や相関関係にもないし、

ましてイコールの関係にはありません。

 

その事実を今日は、

スポーツ好きの馬鹿ども体育会系のクソどもの低劣な知能でもわかるように説明して差し上げますね。

 

学校の体育の授業での心ない無神経な言葉

私は学年で下から数えた方が早いレベルの運動音痴でした。

 

ボールを投げれば「変なフォーム(笑)全然飛んでないし(笑)」と笑われ

走れば「変な走り方!しかも遅いし(笑)」と馬鹿にされ

ダンスをすれば「盆踊り(笑)ダッセー!!」と嘲笑され

 

そんな風に馬鹿にされるうちに当然スポーツなんか大嫌いになっていったわけですが、

 

「健全な精神は健全な肉体に宿る」

というのならね。

運動できる生徒たちの、

 

あの心ない無神経な言葉は一体なんやねん?

どこが「健全な精神」なんじゃい?

健全な精神からこんな言葉出てくるか?

体育ができないってだけで馬鹿にしたり罵倒したり挙句にはイジメたりすることの何が健全なんだよ?!

 

って話よ。

 

体育教師は知能の進化や精神の成熟が10代でストップしてるとしか思えなかった

体育の授業ってつくづく不思議なのは、

例えば数学の授業で先生の問いに答えられない生徒を

 

 

「ダッサ!!」

「馬鹿じゃない?」

「お前のせいで授業進まないんだけど〜(笑)」

 

 

って言うのは非難されるのに、

体育の授業ではそういうセリフが平気で飛び交うこと。

 

何で体育教師は運動できる生徒のこういう態度や言葉を取り締まらないんでしょうね?

 

・・・と疑問に思うまでもなく、

体育教師って運動できる生徒と同レベルの知能や精神だからですよね。

 

生徒たちの言葉を取り締まるどころか、

彼らに同調するように一緒に笑ったり馬鹿にしたりしてるのだからね。

 

自分の好みや思想を押し付けて、ちっとも相手の立場を想像できない幼稚さ

彼らは自分がスポーツが好きだったり運動ができたりするから、

スポーツに興味がない人間や運動できない人間の気持ちが理解できないのでしょう。

 

全ての人間はスポーツが好きなはずだという前提に立ってるし、

運動ができないのは努力が足りないからだ!と信じているし、

運動できない人間に対しては自分がされたように罵倒したり鞭で叩いたりして指導すればいいと思っている

 

のでしょうね。

 

幼稚な人間の特徴に「自己同一視」というものがありますが、

自分の好きなものは全ての人間も好きなはずだ!とか

自分ができることは当たり前レベルのことで、全ての人間にも簡単に自然にできることだ!とか

そういう風に「自分の常識=世界の常識」と思い込んでいるのがまさに幼稚の証明。

 

小さい子供がまさにそうでしょ?

結局体育教師はその段階で精神の成熟や知能の進化がストップしてるのよ。

 

自分の思想ややり方を一方的に押し付けるだけで、ろくにフォローもしないのだし。

 

体育会系の人間のいじめ体質は何なのさ?

体育会系と聞いて、あなたはどういうイメージがあるかな?

 

爽やか!とか

頼り甲斐がある!とかの

肯定的なイメージがあるかもしれないけど、

 

私の中では

 

 

・気に入らない人間や自分達に従おうとしない人間を平気でいじめたり排除したりする

・イジメや暴力に対するハードルが低い。だからハラスメントも起こりやすい

・クソくだらないことでいちいち序列や優劣をつけたがる幼稚な連中

・酒や女が大好きで、迷惑なレベルで大騒ぎする

・酒を飲めない人間や運動できない人間を平気で馬鹿にする

 

 

というようにマイナスイメージが多いので、はっきりいって大嫌いです。

 

ハラスメント問題の根本原因は体育会系

日本の機能体(ゲゼルシャフト)、

行政とか企業とか学校とかって、体育会系体質が多いなと思うんですが、

 

近年ってセクハラやパワハラのみならず様々な「◯◯ハラスメント」という言葉が飛び交ってます。

 

個人的には、この何でもかんでもハラスメントと騒ぐ風潮はいかがなもんかとは思いますが、

でも裏を返すと、体育会系への矛盾や不満が一気に噴出してるからだろうなとも思う。

 

人間嫌いな私は当然飲み会が嫌いなのですが、

体育会系の人って大体、酒が飲めない人間や飲み会に参加しない人のことを

平気で馬鹿にしたりハブッたりするよね。

 

こういう人間が上司になったりするから、

出世できなかったり左遷させられたりクビを切られたりする恐怖のために

イヤイヤながら従ってきた歴史があるのだけど、

でもハラスメントと気軽に言えるようになったことで、

歪な体育会系の空気が是正されるのはいいことだと思うよ。うん。

 

きちんと対話をできる環境や関係があればハラスメントにはならない

何度か記事にしてますが、私は日本の「察して」というコミュニケーションが大嫌いです。

 

「察して」で全てが通じると思ってる幼稚さに腹がたつってのが大きな理由なのですが、

結局は

「きちんと伝える努力をしましょう」

「おたがい対話する努力をしましょう」

って話よ。

 

体育会系の人間って、察して気質もあるからか、

ろくに理由も説明しないで

「やれ!」と命令したり

わけわからんマイルールを押し付けたりしますよね。

 

はっきりいってテメーの「常識」だの「普通」だのなんて知ったこっちゃねーんだから、

きちんと伝える努力をしようぜ?って感じ。

 

その当たり前の努力をせずに一方的に命令したり押し付けたりするからハラスメントになったり、

いい歳こいた大人のくせにイジメになったりするという情けない現実ができてしまうんだと思うよ。

 

まとめ:健全な精神から健全な肉体は生まれる

「健全な精神は健全な肉体に宿る」

は嘘、というか関係はないということがわかったかと思います。

 

では真実は何か?

「健全な精神によって健全な肉体が作られる」

「健全な精神によって健全な関係や環境ができていく」

というのが本当のところでしょう。

 

心が清い、正しい人間が然るべき努力をすれば、

ますますそういう現実(肉体、関係、環境)を作っていけるものですし、

心が未熟で下劣な人間がスポーツなどで体ばっかり健全になっても、

成人式や道路で迷惑をかけるバカになるだけです

スポーツや体育は決して心を健全にしたりはしない。

以上!おしまい!!

LINE@登録特典:「強くなること」の探求の集大成「裏Sei書」

永遠に加筆・修正・進化し続ける未完の裏バイブルをプレゼントします。

公開しないE-Bookだからこそ書けるネタをバンバン書いて、

登録者には常に最新最強のバージョンをお渡ししますね!

 

その他、

  • ブログの更新情報
  • イベントの先行案内
  • Seikiへの質問会

も優先的に配信しております。

裏Sei書

LINE@登録ボタン

この記事を書いている人 - WRITER -
Seiki
グータラ求道ブロガー。「強くなること=人生のメタゲームの向上」の探求と伝道がライフワーク。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Sei書 , 2017 All Rights Reserved.