心・気・体の人生変革バイブル

登録特典:永遠に加筆修正進化し続けるE-Book「裏Sei書」をプレゼント

LINE@登録ボタン

登録特典:永遠に加筆修正進化し続けるE-Book「裏Sei書」をプレゼント

LINE@登録ボタン

時代は変わった!新しい成功者の定義

Seiki
WRITER
 
新時代の成功者
この記事を書いている人 - WRITER -
Seiki
グータラ求道ブロガー。「強くなること=人生のメタゲームの向上」の探求と伝道がライフワーク。
詳しいプロフィールはこちら

Sei書著者・Seikiです。

 

最近、肌感覚で「成功者」の定義が変わりつつあるなと感じています。

それを言語化してみたので参考にしてみてね。

 

旧来の成功者=「持つ者」

いわゆる成功者って

  • 金持ち
  • 有名人
  • 立身出世

のイメージが強いですよね。

 

成功者ってこんな感じの人?

豪邸やタワマンに住み、別に別荘を所有している。

移動ではフェラーリだのベンツだのの高級車を乗り回すでしょうし、

運転手付きの車で移動するかもしれません。

 

家ではメイドさんを雇っているかもしれませんし、

会社でも秘書やアシスタントがいるでしょう。

 

経営する会社の売上高は高く、

得ている年収も数千万円や数億円、

個人の資産額もウン億円

 

休みの日にはカルティエだのヴェルサーチだのパテックフィリッップだののブランド物を買い漁って、当たり前のように身にまとってるのでしょう。きっと。

 

そして、(男性の場合)美女を取っ替え引っ替えして付き合い放題・ヤり放題という感じですね。

 

。。。うーん、書いてて思いましたが、まるで与◯翼さんですね(笑)。

 

「所有=豊かさ」という前提

家であれ、土地であれ、ブランドであれ、車であれ、とにかく

持つモノの量=豊かさの量
持つモノの金額の高さ=豊かさの証明

という前提で生きている人が、旧来の成功者だと思います。

腕時計で言えば、ロレックスよりもパテックフィリップを持っている方がより豊か!っていう感じ。

 

車ならトヨタよりベンツで、しかもベンツの中でも高い車種(SクラスとかSLクラスとか)の方が豊か!ですよね。

 

あるいは

年収や資産額、株価や売上高などの「数字」

でも競い合う傾向があるのではないかと感じます。

 

というか、本人にその気は無くても周りの人間が無責任に煽ってくるので、

いつのまにか競争に巻き込まれている人も多いのではないかなと。

 

とにかく、モノであれ金であれ数字であれ美女であれ肩書きや名声であれ、

「持つ者=勝者、成功者」

というのが旧来の成功者のイメージであり定義と言っていいでしょう。

 

マスコミに踊らされ、際限なきゴールを突っ走る「成功者」

ただ、今の20代の若くて優秀な人たちを見ていて思うのですが、

彼ら・彼女らは上に挙げたような「成功者」の方向には行かない傾向が強い気がしてならないんですよね。

 

電通なりリクルートなりが仕掛けたイメージ戦略やマーケティングに簡単に踊らされないというか、

例えば高級車やスポーツカーを見ても、

 

「すげえ!かっこいい!」

「俺もいつかは乗りたい!」

とはならずに

 

「いや、車なんて乗れりゃええやん」

と冷静に判断する。

から、身の丈に合った車に乗るか、そもそもマイカーを持とうとしないかとなるわけでね。

 

もちろん一定数は「いつかはフェラーリ!」という方向へ行くでしょうし、

誰だってお金やモノや美女(イケメン)が欲しくないわけではないです。

 

ただ、彼ら・彼女らは旧来の「成功」のイメージにある嘘臭さや薄っぺらさに体感覚的に気づいていて、

自分たちなりの「成功者」を定義し、追求して行く感じがします。

 

新時代の成功者=「移動可能な者」

じゃあ、今の若い人たちが考える「成功者」とはどういう人か?

何を持って成功とするか?というと、

私なりに言語化するなら

「移動可能な者」

だと思います。

 

住みたい場所に住める

進学や就職を機に上京し、就職し、

結婚する頃には35年ローンを組んでマイホームやマンションを購入する。

会社が転勤を命じればその地へ引っ越すし、単身赴任するのでしょう。

いずれにせよ「自分が住みたい場所へ住む自由」を全く持っていないのが旧来の考え方ですね。

 

しかし、場所や組織に縛られずに生きる新時代の成功者は、住みたい場所で住む自由がある。

田舎でもよし、海外でもよし、

二拠点生活(デュアルライフ)を送ることもできるでしょう。

 

放浪するも滞在するも気ままに、って感じ。

ブロガーで言えば、

  • イケダハヤトさんは高知の田舎に移住してるし、
  • まじまじぱーてぃーのあんちゃさんは北海道と東京の二拠点生活を送っておられます。
  • jmatsuzakiさんはベルリンへ移住しましたし、

なんというか「家や借金を持たざるが故に、自由に飛び回れる翼を持つ」って感じ。

 

主体的に時間を使える

  • 何時に起きるか
  • 何時間眠るか
  • いつ出かけるか
  • そもそも出かける必要があるか

を自分で主体的に選べるって感じです。

 

フリーランスや在宅ワークでそれなりに実績をあげていれば

「仕事を選べる」感じになってきますからね。

 

なりたいものになる

勝間和代さん

って何の人だと思います?

 

  • 経済評論家
  • 著述家
  • コンサルタント
  • 経営者
  • 会計士
  • 麻雀のプロ
  • バイカー
  • ロジカルクッキングの実践者

とまぁ、八面六臂の活躍ぶり。

エネルギーレベルや生産性の高さが凄まじいっすね。

 

お仕事は何ですか?って勝間和代さんに聞いたら、多分

「職業は勝間和代です(笑)」

って返されるのではないでしょうか。

 

つまりその時々でなりたい自分になれるってのが新時代の成功者なんですよ。

 

やりたいことをやる

あれこれ言ってきましたが、

究極的には「やりたいことをやりたい時にやりたいようにやれる人」が新時代の成功者ですね。

 

わけのわからんルールや常識、個人的な思い込みや限界に縛られることなく、

たとえば全く料理をしたことがなくても

1ヶ月後には飲食店を出店して黒字に持っていったりとかを平気でしちゃう感じ。

 

あるいはブログを立ち上げて半年もかからずブログ飯を達成する怪物ブロガーとか。

 

あえて名前は挙げないけど、思い当たる人は何人かいるでしょ?

 

まとめ:風のように自由に軽やかに生きる

断捨離やミニマリストが流行ったように、

「持つ」とか「所有」とかに豊かさとか幸せを連想するのではなく、

労働や雑音という連想をしている。

 

そして彼らは、自分らしくないものを徹底的に排除するからこそ、

持たざるが故に翼を持つのです。

LINE@登録特典:「強くなること」の探求の集大成「裏Sei書」

永遠に加筆・修正・進化し続ける未完の裏バイブルをプレゼントします。

公開しないE-Bookだからこそ書けるネタをバンバン書いて、

登録者には常に最新最強のバージョンをお渡ししますね!

 

その他、

  • ブログの更新情報
  • イベントの先行案内
  • Seikiへの質問会

も優先的に配信しております。

裏Sei書

LINE@登録ボタン

この記事を書いている人 - WRITER -
Seiki
グータラ求道ブロガー。「強くなること=人生のメタゲームの向上」の探求と伝道がライフワーク。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Sei書 , 2018 All Rights Reserved.