2017/09/01

体育会系のノリは「男のバカな部分」が前面に出てるので大嫌いです

 

この記事を書いている人 - WRITER -
グータラ求道ブロガー。「強くなること」の探求と伝道がライフワーク。
詳しいプロフィールはこちら

どうも!スポーツ全般見るのもやるのも大嫌いなアンチスポーツの急先鋒・聖ちゃんだよ。

 

スポーツ全般大嫌いな私は、当然体育会系のノリも大嫌いなのだけど、

なんで嫌いなのかっていうと、

「男のバカな部分が前面に出ていて、それを恥に思うどころか全肯定しているとこ」

がとにかく嫌なんですよね。

 

 

体育会系が大嫌いな理由①「いちいち何でも序列をつけたがるおサルさんたち」

誰がスポーツがうまいかとか、

誰がモテるかとか、

抱いた女の数とか、

持ってる車のランクとか、

昔の武勇伝とか、

苦労自慢とか、

寝てない自慢とか、

とにかく下らないことでもイチイチ序列をつけたがりますよね。

 

冷静に考えるまでもなく99パーセントはクソ下らないどうでもいいことでも

いちいちムキになって煽ってきたり較べてきたり足を引っ張ってきたりするから、ウザいんですよね。

 

「上」の意向や指示は絶対

私は学生時代、超がつくほどの運動音痴でした。

で、体育ができない生徒って高確率で舐められるし、いじめられるでしょ?

実際私は、顔も名前も知らない生徒や、全然喋ったこともない人間からもバカにされてたなぁ。

 

これはつまり

「運動できない私のような生徒は“下”で、自分たちは“上”」

と思っているからでしょう。

 

だから

「どけ」だの「来るな」だの「謝れ」だの、

散々わけわからん命令や指示を浴びせられたし、

全然筋が通ってないので無視してたら殴られたし、

教師は見て見ぬ振りしてたし、

学校なんか死ぬほど嫌いだったね。

 

体育会系のノリでは「不参加=仲間はずれ」という認識なので、異物を排除するイジメが発生しますし、

参加しても序列が下に位置されたらイジリの対象にされたり「上」の意向や指示には従うことを強要されます。

 

つまり、体育会系の空気の中で楽しくやるには「上」にいくしかないのだけど、

そもそもその空気に参加したくない人間を無理やり巻き込んで勝手に序列をつけるから嫌になるんですよね。

 

体育会系が大嫌いな理由②「何でも単純化する脳筋」

私の人生におけるバイブル漫画「アイシールド21」では、

主人公のセナ(ランニングバック。ボールを持って走るポジション)や

親友のモン太(ワイドレシーバー。ロングパスをキャッチするポジション)に、

試合ごとにそれぞれライバルが設定されます。

・神龍寺戦では「セナvs阿含」「モン太vs一休」

・王城戦では「セナvs進」「モン太vs桜庭」

 

というようにね。

 

で、例えば上記のモン太と一休なんですが、モン太は一休相手に何度も何度も圧倒的に競り負けてるんですよね。

でも、試合のラストの方になってようやく、一休相手でも競り勝てるようになり、

試合でも主人公側の泥門デビルバッツが勝利するのですが、

 

私が不思議なのはね。

「泥門が神龍寺に勝った」のはわかるんです。事実ですから。

でも「モン太が一休に勝った」というのが意味不明。

 

いやいや、何十回のうちほんの数回競り勝っただけやんけ。

そういう風に冷静に見れば

「試合では勝ったが、個人戦では負けた。少なくともまだまだ及ばない」

という結論になると思うんですけど、

 

なぜか漫画ではその後

「モン太が一休に勝った」

「それによって一休が関東で最強のコーナーバック(パスを取るポジション)だったが、これからは関東のレシーバーは戦国時代になる」

という流れになるのです。

 

? ? ?

 

って感じ。

「終わりよければ全て良し」「試合で勝ったからいいじゃん」ということなのでしょうか。

一体どういうロジックが働いてそういう結論に至るのか、スポーツ嫌いの私には全く不可解なのです。

 

アイシールド21は本当に本当に本当おぉ〜に大好きな漫画ですが、

根がスポーツ嫌い・アンチ体育会系な私には理解できない部分があるのも事実。

 

体育会系が大嫌いな理由③「何でも自分の土俵・尺度でとらえるガキ」

かつての知り合いの男性に、「ケンカが強いか弱いか」で人間の優劣を測りたがる人がいました。

「あいつは仕事ができる。だからケンカも強いだろう」

「こいつは根性がある。きっとケンカしたら手こずるだろう」

「そいつはモテる。ケンカで修羅場をくぐり抜けてきたからオスとしての魅力があるからだ」

という感じで

 

「いやいや、仕事とケンカに何の因果関係や相関関係があんねん?!(笑)」

って感じで、噴飯ものの理屈(にすらなってない)だったのですが、

私がどれだけロジックを駆使して辛抱強く説明しても

「うるせえ、(ケンカ)やんのか?」

の一点張り。

 

自分の尺度を押し付け、それが通用しない現実は無視して、都合よく現実を捻じ曲げて解釈してるから、

人生単純でいいよねー(棒読み)

 

まとめ:体育会系=脳筋のサル集団

・クソ下らないことでもイチイチ序列をつけたがり

・何でも単純化して

・自分の尺度や土俵で都合よく解釈する

バカでうるさい迷惑な集団、ってのが私の体育会系に対する認識です。

 

本人たちは「鍛え抜かれ、選び抜かれた戦闘集団」ってつもりなのかもしれませんけどね。

世の中もっと広いんだよ?

バカにはわからないほど複雑で多様なんですよ?

あんたらの好みや尺度に全く当てはまらない人や事象もいるんだよ?

ってことを少しは理解してほしいもんです。

 

ではね。

この記事を書いている人 - WRITER -
グータラ求道ブロガー。「強くなること」の探求と伝道がライフワーク。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Sei書 , 2017 All Rights Reserved.