心・気・体の人生変革バイブル

登録特典:永遠に加筆修正進化し続けるE-Book「裏Sei書」をプレゼント

LINE@登録ボタン

登録特典:永遠に加筆修正進化し続けるE-Book「裏Sei書」をプレゼント

LINE@登録ボタン

30歳からの趣味。キーワードは「能動」「創造」「表現」だ!

Seiki
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Seiki
グータラ求道ブロガー。「強くなること=人生のメタゲームの向上」の探求と伝道がライフワーク。
詳しいプロフィールはこちら

普段は孤高を貫くロンリーパンサーな私ですが、

30歳になった時には言いようのない虚しさというか、疎外感みたいなものを覚えました。

これって一体なんなんだろうなぁ?と考察してみたよ。

 

日本で歳を取る=ネガティブなイメージがある理由

日本ではなんか、特に30歳超えたらもう「おっさん」「おばさん」になって、キラキラを失うようなイメージってないですか?

これって私が思うに、日本社会で用意されている「楽しそうなもの」が大体が子供向け・若い人向け・ファミリー向けだからなんです。

クリスマスデートやバレンタイン、夏祭りで浴衣デートや、クラブ遊び、ライブではしゃぐこと、ワールドカップで盛り上がること・・・。

これらをいわゆる「おっさん」「おばさん」がやってたら

「イタい人」

って感じになるんではないでしょうか?

 

つまり、もうそういった遊びやサービスの対象ではないのに、しがみつこうとしているからそう思われると。

 

虚しい人生なのはあんたが受け身で生きてるからだよ

でもよーく考えて!

上で挙げたような「楽しげなもの」って全部、

世間のオトナ(つまりはどこぞの「おっさん」や「おばさん」)によって用意され、仕掛けられたパッケージに過ぎない。

 

どんなに楽しくてもその楽しさには上限があるんですよ。

そりゃそうですよね。自分のためだけに作ってくれたわけではないのだし。

 

30歳からの趣味のキーワードは「能動」「創造」「表現」

私の中で「毎日楽しく生きてるなぁ」「趣味人だなぁ」と感心してしまうのは

(多くの人が共感してくれるでしょうが)所ジョージさんなのです。

 

世田谷ベースと呼ばれる、仕事場兼遊び場には様々なグッズがコレクションされていたり、

車やバイクを好きにいじれるガレージがあったりと、まさに「男の理想」みたいな感じですが、

ここでのポイントは「多趣味」「好奇心旺盛」とかそういうことではなく、

「なんでも面白がれる姿勢や、文化資本の豊かさ」

なのではないかと思う。

 

所さんは面白がる天才

世の中を見渡せば、楽しげなもの(だいたいが若い人向け)がたくさんあるし、

ネットには面白いコンテンツが無料(同然)で溢れています。

 

だ・け・ど!これらをただ受動的に、

口を開けて待ってるだけだったら、いつか飽きて虚しくなるのです。

それはつまり、「誰か」によって用意されたパッケージなので「自分」の余地がないからですね。

所さんのような、なんでも面白がれる人って、独特の感性や豊かな文化資本によって、

「自分」の余地をうまく挟みこめるんだと思う。

 

コレクション一つとっても、単に高級車を買い集めるのではなく、「アメ車」に絞って集めるとか、

そういう「自分」のこだわりを挟み込むって感じかな。

 

私がブログを書くのは「創造」「表現」だから

私は無料ブログ時代を含めたら、5年以上ブログをやっていることになる。

話すより書く方が得意、というか抵抗がないから、

「あの時ああ言っておけば・・・」

がない「書く」という作業を愛しています。

マイペースな性格にも合ってますしね。

 

そして、ブログを書くというのは、誰に強制されたわけでもない創造や表現なので、

自分の能力や基準に応じて、感じる楽しさや得られる喜びは青天井になっていくもの。

 

こういった楽しさは、無理に若作りして、

「(自分と同じおっさんおばさんが用意した)若者向けのパッケージ」

にしがみついて金を落としてるだけでは得られないんです。

 

絵を描く人や、プログラムを作るのが楽しい人、何かの作品をクリエイトする人なんかは、(受動的な)趣味ではなく(能動的な)道楽として、無限に拡がる楽しさを味わっているんだと思う。

 

だからどんなにアクセスが集まらなくても、

全然お金にならなくても、

ネガティブなコメントが寄せられても、

私は書くことをやめない。

 

その私の表現が、誰かの光になっているのならば、尚更だ。

LINE@登録特典:「強くなること」の探求の集大成「裏Sei書」

永遠に加筆・修正・進化し続ける未完の裏バイブルをプレゼントします。

公開しないE-Bookだからこそ書けるネタをバンバン書いて、

登録者には常に最新最強のバージョンをお渡ししますね!

 

その他、

  • ブログの更新情報
  • イベントの先行案内
  • Seikiへの質問会

も優先的に配信しております。

裏Sei書

LINE@登録ボタン

この記事を書いている人 - WRITER -
Seiki
グータラ求道ブロガー。「強くなること=人生のメタゲームの向上」の探求と伝道がライフワーク。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Sei書 , 2017 All Rights Reserved.