心・気・体の人生変革バイブル

登録特典:永遠に加筆修正進化し続けるE-Book「裏Sei書」をプレゼント

LINE@登録ボタン

登録特典:永遠に加筆修正進化し続けるE-Book「裏Sei書」をプレゼント

LINE@登録ボタン

アイシールド21の世界編で葉柱ルイと金剛雲水が「かっこ悪い人ほどカッコいい」って教えてくれた

Seiki
WRITER
 
アイシールド21
この記事を書いている人 - WRITER -
Seiki
グータラ求道ブロガー。「強くなること=人生のメタゲームの向上」の探求と伝道がライフワーク。
詳しいプロフィールはこちら

Sei書著者・Seikiです。

 

私は何かを判断したり決めたりする時に

  • 正しいか間違っているか
  • 損か得か
  • 好きか嫌いか

よりも

美しいか美しくないか

という基準を重視しています。

 

「美しさ」というのは自己完結した主観と、

冷静な客観を兼ね備えた判断基準になり得る

と思うからそうしているわけですが、

今日はそれに関してあれこれ思うことを書いてみるね。

 

アイシールド21の世界編は作品全体を貫くテーマを描く

私にとって人生のバイブルであるアメフト漫画「アイシールド21」

ネットでは

 

「クリスマスボウルで終わってればよかった」

「世界編は蛇足」

 

という意見をたまに見かけますが、

私は世界編も普通に大好きです。

 

なぜならアイシールド21の根底的テーマ

「スーパーパワーへの挑戦」を直接的に描いているシリーズですからね。

 

スーパーパワーっていうのは、

努力や戦略ではどうしようもない圧倒的な力

  • 才能だったり、
  • 素質だったり、
  • 年齢だったり、
  • 常識だったり、
  • 制度だったり、

そういう「どうしようもないもの」の総称だったりするわけだけど。

 

アイシールド21の最終章・世界編では、

「アメリカン」フットボールの聖地・アメリカの中でも選び抜かれた天才たちに挑むドラマなので、

名言のオンパレードなんですよ。

 

恥も外聞もなく、何もかも捨てて挑む葉柱

アイシールド21の世界編の中でも屈指の名場面は、

並み居る日本全国の名選手の中から

唯一トライアウトを勝ち抜いた謎の包帯男の正体が、

かつては大口を叩いておいてアッサリやられる小物キャラ・葉柱ルイだったこと。

葉柱ルイ・包帯男

引用:http://blog.livedoor.jp/conbul/archives/52008898.html

 

ここへきてついに、超絶パワーアップして帰ってきたか?!

 

・・・と思いきや、進清十郎の代わりに出場するやいなや、

良いところなしでボロボロにされます

 

敵チームからも「よ、弱すぎる・・・」と呆れられ、

観客やテレビ視聴者からもゲラゲラ笑われる始末ですが、

葉柱は

俺にはなんにもねえ

 

もう

隠すもんも

守るもんも

ねえ

 

誰にバカにされようが

どんだけみっともなかろうが

知ったことか……!!

とあがき続けます。

 

葉柱をみて己の本心に気づく金剛雲水

この姿に胸を打たれたのが、観客席から観ていた金剛雲水。

双子の弟・金剛阿含は「100年に一人の大天才」とされるプレーヤーで、

それと比較して自分を卑下している男ですが、

客観的に見れば全国区の名選手

 

現にトライアウトに突破した包帯男は「雲水なのでは?」と誰もが思っていたくらい。

実力的には申し分ないけど

「才能のない自分が出る幕ではない」

と日本代表に挑戦すらしていなかったのですね。

 

だけど、同じく(てか雲水以下ですらある)才能も実力もない葉柱がアメリカ代表に挑戦する姿を

観客席からただ観ているうちに

俺は─

間違ってなんかいない

 

そうだ 努力では決して頂点は獲れない

だから俺は

 

でも 俺は─

俺は─

 

どうして こんな処にいる

どうして あのフィールドで戦っていないんだ

 

たとえどれだけ恥をかこうとも

たとえどれだけ叶わぬ夢だろうとも─

と泣き崩れます。

金剛雲水・アメリカ

引用:http://sh-games.com/9050.html

 

・・・世界編は名言が多いことに加えて、

葉柱と雲水を見れただけでも私は大満足ですね。

 

一生懸命、もがき、足掻き、努力し、挑むのはカッコ悪いけどカッコいい

私は筋トレの習慣を持っていますが、

例えば腕立てでも懸垂でも、

最初の数回は綺麗なフォームでビシッと

「どうだ?フフン♪」とドヤ顔でこなせますよ。

 

人から見れば

「すげぇ!」

「かっこいい!!」

って感じでしょう。

 

実際、公園で筋トレしているときに、

特に懸垂やドラゴンフラッグなんかやってたら、

たまーにちびっ子から

「スッゲェ!!」って騒がれるしね。

 

でもね。

最初の数回は余裕しゃくしゃくでも、

最後の方になると、

顔から余裕も消え失せ、フォームも崩れ、全身がプルプル震えだし、へっぴり腰になり、息をゼーハーゼーハーあげてるんですよね。

筋トレのことなんか何にもしらない人が見れば

「ダッサ(笑)」

って思うかもね。

 

でも、そういう時こそトレーニングになるし、自分は強くなるんですよ。

 

誰に笑われても、バカにされても、批判されても、

それでもあがいてもがいて挑んでいく、その姿勢の中に

美しさ

を見出すのは、私が求道者だからでしょうか。

 

私自身はスポーツ全般大嫌いだけど、

甲子園やオリンピックをみて応援するのは、

そういう「カッコわるいけどカッコいい」美しさに感動しているからではないでしょうかね?

 

今日で33歳。いわゆる「いい大人」「オッサン」だけど、あがき続けて挑み続ける

実は私は、今日が誕生日なんですね。

 

ゲーテや、日本電産の永守重信さんと同じ日に生まれました。

まぁ彼らほど立派な人間ではないですが、33歳なので「いいオッサン」って年齢ですね。

でも、世間にある「オッサン像」に当てはまられる筋合いはないですね。

 

俺は俺だ!!

って感じで、これからも我が道を歩み続けるのみ。

 

というわけで誕生日に思ったことをあれこれ書きました。

LINE@登録特典:「強くなること」の探求の集大成「裏Sei書」

永遠に加筆・修正・進化し続ける未完の裏バイブルをプレゼントします。

公開しないE-Bookだからこそ書けるネタをバンバン書いて、

登録者には常に最新最強のバージョンをお渡ししますね!

 

その他、

  • ブログの更新情報
  • イベントの先行案内
  • Seikiへの質問会

も優先的に配信しております。

裏Sei書

LINE@登録ボタン

この記事を書いている人 - WRITER -
Seiki
グータラ求道ブロガー。「強くなること=人生のメタゲームの向上」の探求と伝道がライフワーク。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Sei書 , 2018 All Rights Reserved.